無麻酔歯石取り

ワンコの口の中、見た事ありますか?

ワンコのおよそ80%は歯周病であると言われています。
当店では、飼い主さまにデンタルケアの重要性を少しでも理解していただき、
ワンコが長く健康な歯を維持出来るお力になれればと考え、
安全性の高い無麻酔歯石取りをご提供させていただきます。

歯石って何?

ワンコが食べたゴハンやおやつの残りが歯にくっつきます。
この時点では歯石ではなく、歯垢です。
ブラッシングで除去は可能ですが、おうちでの作業で100%除去する事は難しいと思います。
そして、残った歯垢がたったの3日程でカルシウムと結合して歯石になってしまいます。
こうなってしまうとブラッシングでは除去が出来ません。
歯石を放置すると歯肉炎の原因になります。
歯肉と歯の間の溝から細菌や歯垢が入り、歯周病を引き起こすのです。
口臭はもちろん、歯肉炎で歯茎が赤く腫れ、ちょっとした刺激で出血を起こします。
これはワンコにとってとても痛いです・・・
さらに放置を続けると、歯茎が弱り歯が抜けてしまいます。
細菌や毒素が血液に侵入して臓器に運ばれると様々な障害、感染症の原因にもなる可能性があります。
人間同様、ワンコにとっても歯はとっても大事なのです。

普通の歯石取りとなにが違うの?無麻酔歯石取りってなに?

通常、歯石取りは動物病院などで健康診断後、全身麻酔をして超音波で除去します。
除去だけを考えれば一番きれいにとれる方法である事は間違いありません。
しかし、長い人生の中で何度もケアする事を考えると、健康なワンコであったとしても麻酔のリスクは考えてしまう点ではないでしょうか。特にシニア犬・小さいカラダの子・肥満・心臓病・内臓疾患等のワンコになれば、なおさらリスクは高くなってしまいます。

あとは、費用的な面を見てもやはり高額です。

そこで、当店は無麻酔歯石取りと言う方法を使用して除去します。
名前の通り、麻酔は一切使用しません。
基本的に2人1組でカンシやスケ―ラ―、独自の専用器具を用いて1本づつ丁寧に除去していきます。
ただし、除去という点では裏まできれいに取り除く事の出来る麻酔&超音波除去には劣ってしまいます。

一生のうちで1回~2回だけの除去とお考えになられているのであれば、麻酔のリスクはありますが超音波を使用してきれいに除去してあげる方がデンタルケアとしては良いのではないかと考えます。

当店の提案する無麻酔歯石取りは、全身麻酔歯石取りと根本的に考えが違うものとお考えいただいても良いのかもしれません。

私たちの提案するデンタルケアとは『定期的に末永く』

その積み重ねが、綺麗で健康な歯を生み出し、ワンコ・ご家族にとって快適なワンコライフに繋がるのではないかと考えています。

初回価格

完全事前予約制となっております。
デンタルケアのみのワンコは初回料金の欄をご覧ください。
初回はカルテ作成・カウンセリングで15~30分ほどお時間をいただきます。
ワンコの状況によっては飼い主さまに開口のご協力をお願いする場合もございます。
噛み癖・極度に興奮してしまう等のワンコやシニア犬・その他持病をお持ちのワンコは安全を第一に考え、作業をお断りさせていただく場合もございます。
歯石の付着度、ワンコの体調等によっては何度かに分けての施術をご提案させていただく場合もございます。

当店では歯の状態をステージ1からステージ3の3段階で分けております。
(ステージについては当日の状況を見ての判断となります)

ステージ1
かなりきれいな状態でうっすらと歯石が付着している状態。
付着していない歯も多数。
ステージ2
当店で一番多い状態です。全体的に付着。
犬歯、奥歯にしっかりした歯石が付着した状態。
ステージ3
口臭もかなりひどく、歯茎も腫れが見られ軽い刺激で出血。
奥歯などは歯が完全に隠れる程付着。全体的に歯を隠すほどの付着。
2本の歯が歯石で繋がっている等も。
当店ご利用経験ありの初回 デンタルケアのみの初回
ステージ1 ¥5,000 ¥8,000
ステージ2 ¥6,500 ¥10,000
ステージ3 ¥8,500~ ¥12,000~

2回目以降の価格

~3カ月後まで ~6カ月後まで 6か月以降
最大¥3,500 最大¥6,800 初回価格での作業